Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ダイハツ|DAIHATSU
  4. ロッキー

ダイハツ・ロッキー|絶妙な商品力でヒット中のベストスモールSUV

このエントリーをはてなブックマークに追加

SUVブームの中、大ヒットを果たしたダイハツ・ロッキー。ファミリー層にも人気なだけあって、その安全性能は申し分ない。ここでは、そんなロッキーの充実した装備について触れていく。

レポート=石井昌道[本文]/蔵田智洋[写真解説]

ボディサイズとパッケージング、充実の先進安全装備も好印象

トヨタのTNGA、ダイハツのDNGA(ダイハツニューグローバルアーキテクチャー)と名付けられた新世代プラットフォームは、まずタントで採用されたが、軽自動車専用ではなくA・Bセグメントとも共有できるように開発された。第二弾商品がAセグメントSUVのロッキーであり、トヨタにもライズとして供給されて大ヒット。ミニRAV4と評される逞しいエクステリアは、大きな存在感を誇り、背高なことによる室内の広々感や余裕のある荷室などでファミリーカーとしても過不足ない。あらゆるジャンルでSUVが人気となっているが、利便性が高まり、大きさ比によるヒエラルキーから脱することのできるスモールカーでは、最も望ましいのだ。

新世代プラットフォームだからこそのシャシー性能の高さ、ターボエンジンのトルクフルな特性など走りの良さはスモールカー・ユーザーを驚かすほど。格上のBセグメントと比較しても負けていないほどなのだ。さらに、先進安全装備のスマートアシストが充実していることも人気の秘訣だろう。今や一般的になってきているACC(アダプティブクルーズコントロール)やLKC(レーンキープコントロール)などだけではなく、隣の車線の死角に入った車両を検知するブラインドスポットモニターや後方を横切る車両を検知するリヤクロストラフィックアラート、オートハイビームなど高級車顔負けの品揃えなのだ。

動力性能は活発で力強い加速、剛性感高めのタフな乗り味

エンジンはトールなどでも用いられてきた1.0ℓ直列3気筒ターボだが、ミッションは新世代のD-CVT。14.3㎏mのトルクは1tちょっとの車両重量に十分以上で、発進時から力強くSUVのボディを加速させていく。雨の日にFFでアクセルを踏み過ぎると、簡単にホイールスピンしそうになるぐらいに力持ちだ。高回転まで回すと少々やかましく、ロードノイズなども大きめで静粛性はAセグメントの凡庸なレベルとなる。 ボディの剛性感は従来のダイハツ車から考えれば夢のように高まっていて、速度を上げていってもしっかり感があってリラックスしてドライブできる。ロールやピッチングも程良く抑えられているからハッチバックのスモールカーから乗り換えても違和感はないだろう。

乗り心地は街なかや郊外路などでは基本的に良好ながら、高速道路の目地段差やそれなりにハイスピードでワインディングロードを走らせると突き上げ感がちょっと強めに感じる場面も出てくる。サスペンションのストロークが深くなり、バンプタッチする時の感触がややシャープなのだ。とはいえ、クルマのキャラクターを考えれば、そういった場面に遭遇する頻度は低いだろうから、あまり欠点にはならないかもしれない。これで売れないはずはないとまで思わせるロッキー。ライズと合わせてベストセラーの地位に長く居座ることになりそうだ。

「G」と「Premium」に全車速追従ACCやブラインドスポットモニター、歩行者にも対応する衝突被害軽減ブレーキやパーキングアシスト、後方確認サポート機能も追加し、安全性を大幅に向上させた新世代スマートアシスト。

前席はシート高がちょうど良く、楽に乗り降りできる。座面サイドの張り出しも少なく、頭上空間も十分だ。後席もドアが90 度近く開き、前席同様に乗り降りしやすい。

全長3995mm、全幅1695mmいう稀少でコンパクトな5ナンバーサイズでありながら17 インチ大径タイヤとブラックルーフを採用し、エッジの効いたアグレッシブなデザインで存在感を主張する。

撮影車両データ

ボディカラー:ブラックマイカメタリック×コンパーノレッド
オプション装備:ブラインドスポットモニター(6万6000円)/パノラマモニター
パック(11万5550円)/9インチスタンダードメモリーナビ(20万1300円)/カーペットマット〈高機能タイプ・グレー〉(2万8226円)/他

インパネ

高めの着座位置からボンネットがしっかり見えて、Aピラーまわりの視界も良く、狭い道で運転がしやすい。9インチ大型モニターはとても見やすく、インパネ中央部はドライバー側に傾けられ、適度なタイト感が心地良い。

後席
前席

後席は、着座位置が高めで開放感がある。横窓は四角く、広くほぼ全開にできる。座面は分厚く、快適。2段階のリクライニング調整機構付きで、中央席の足元もほぼフラットで快適だ。

前席は、カジュアルで柔らかな掛け心地のシートでありながらクッション性が高く、しっかりと身体を支える。「G」「X」「L」のウレタン製ステアリングでも細身で握り心地が良い。

ラゲッジルーム

通常時容量は369ℓ。底面の板を取ると荷室高さは865㎜に増して容量は407ℓ(FFは449ℓ)となり、かなり背の高い荷物も積める。さらに荷室からも倒せる6対4分割可倒式シートを倒せば、長尺物が積める。四隅にユーティリティフックも備え、利便性を高める。

アクティブマルチインフォメーションメー ターはフル液晶風表示で鮮やか。気分に合 わせて4種の表示切り替えが可能。
ステアリングスイッチで操作する全車速追 従機能付きACCを「G」と「Premium」に 標準装備。長距離ドライブの疲労を軽減。
前席にはシートヒーターを備える。寒い日 の朝などには暖房が効くよりも早く身体を 暖めてくれるので、とてもありがたい。
後席用のUSB電源端子(2.1A)を2基、セ ンターコンソール後端に備える。スマート フォンの充電などで重宝する。

「Premium」 グレードのカラー バリエーションを充実

2020年6月の一部改良により、従来ボディカラーが2トーン設定のみの上級グレード「Premium」にモノトーンのカラーバリエーションが追加された。「G」グレード同様に、幅広いカラーの選択肢を揃え魅力を増している。

低燃費で力強い 1.0ℓターボを搭載

1.5ℓ並みの力強いトルクを低回転域から発生させる1.0ℓ直3ターボと、高効率D-CVTとの組み合わせでWLTCモード18. 6㎞/ ℓ(4WDは17.4㎞/ℓ)もの低燃費を達成。

L
X

Premium

石井昌道はこう買う!

FFハッチバックからのステップアップならFFでも十分だが、せっかくなら賢い4WDを選びたい。スマートアシストは「X」と「L」は主に安全に係わる部分は装備されるが、ACCなど快適性をもプラスされるのは「G」以上。できれば「プレミアム」を選んでフル装備といきたい。小さくても高級車に負けない装備もロッキーの特長だからだ。

※本稿は2020年10月発売の「モーターファン別冊統括シリーズVol.128 2020年コンパクトカーのすべて」に掲載されたものを転載したものです。車両の仕様や道路の状況など、現在とは異なっている場合がありますのでご了承ください。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ