Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ヤリスクロス

「トヨタ・ヤリスクロス」「ダイハツ・ロッキー」「スズキ・クロスビー」「マツダCX-3」のエントリーグレードを比較 200万円以下の国産コンパクトSUVの魅力は価格だけではなかった!? ヤリスクロス/ロッキー/クロスビー/CX-3

  • 2021/05/15
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

新車が発売された時、「◯◯万円〜」とアピールされているが、装備や質感が省略されていると考えて敬遠する人は多いはずだが、実際はどうなのだろうか?今回は国産コンパクトSUVとして人気の「トヨタ・ヤリスクロス」「ダイハツ・ロッキー」「スズキ・クロスビー」「マツダ・CX-3」のエントリーグレードの実用性や機能性をポイントごとに比較してみた。

内外装の違いは?

ヤリスクロス:X“Bパッケージ”(FF:179万8000円)

上級グレードとの違いで目立つのがホイールで、16インチのスチールホイールに樹脂キャップが組み合わされる。また、ヘッドライトはLEDではなくハロゲンとなる。インテリアでは、シート表皮がファブリックとなり、ステアリングは本革ではなくウレタンが用いられている。しかしながら、7インチのディスプレイオーディオは標準装備されており、スマホと連携させればナビやオーディオを使える。

ロッキー:L(FF:170万5000円)

外観では16インチフルホイールキャップが目立つが、ヘッドライトはLEDを採用。シート表皮はファブリックで、ステアリングはウレタンとなるが、それは上級グレードの「X」「G」でも変わらず、加飾の有無で差別化が図られている。ちなみに、スマホ連携の9インチディスプレイオーディオは全車にメーカーオプション扱いだ。

クロスビー:HYBRID MX(FF:180万5100円)

全車ともホイールは16インチアルミを採用。最上級グレードの「HYBRID MZ」のみドアハンドルがメッキとなり、LEDヘッドライトが備わることを除けば、ワンランク上の「HYBRID MV」と比べて外観上の差は少ない。シートはファブリックだが撥水加工が省略される点が上級グレードとの差となる。ナビゲーションは全車ともアクセサリーでの取り扱いとなる。

CX-3:15S(FF:189万2000円)

1.5L直4エンジンを搭載する「15S」系のみホイールは16インチアルミとなる(他は18インチアルミ<切削加工>)。外観の差は少ないのに対して内装では、シート表皮がクロスであったり、ウレタンステアリング&シフトノブ、マニュアルエアコン、随所に施される加飾の色合いや素材などの違いに上級グレードとの差が浮き彫りとなる。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ