Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. シティ

【最高に運転が楽しいクルマ|ホンダ・シティターボ】まるで遊園地のコーヒーカップに乗っているよう!?(まるも亜希子)

このエントリーをはてなブックマークに追加

軽快なトークでイベントのMCとしても引っ張りだこのまるも亜希子さんが選んだ「運転が楽しいクルマ」の第1位は、ホンダ・シティ(初代)。スパイクタイヤを履かせたシティターボで、氷上コースをクルクルと遊園地のコーヒーカップのように走り回ったのが忘れられない思い出だという。

TEXT●まるも亜希子(MARUMO Akiko)

第3位:三菱アウトランダー(初代)「まるでランエボ! SUVなのにバリバリにサーキットを攻められる」

2005年に三菱アウトランダーが登場した時に、最初に試乗したのがなぜか地方のミニサーキットだったのです。

「SUVなのに、なぜサーキット?」と不思議だったものの、走りはじめて最初のコーナーの進入で、「おおっ!」とビックリ。減速時の姿勢変化といい、4輪がしっかり自分の仕事をして路面をかき出していく感覚といい、そのあとにグイっと向きを変えてコーナー出口まで一瞬で持っていくあたりまで、これはまるでランエボ! SUVだからと大人しく走るつもりだったのに、気がつけばバリバリにサーキットを攻めている自分がいたのでした。

開発者に聞けば、アウトランダーの4WDはランエボで培った「速く安定して走るための4WD技術」がふんだんに盛り込まれていたり、ルーフを軽くして重心を低くするなど、SUVだからといって走りの楽しさを諦めないゾ、という意気込みがすごいなと、感心したのを思い出します。

もちろんその想いは現行の2代目にも受け継がれており、ミドルSUVとしてはやっぱりアウトランダーは走って楽しいナンバー1。でも、初代のこの衝撃がが大きすぎて、忘れられない私です。

2005年に登場した三菱の初代アウトランダー。4輪の駆動力・制動力を統合制御するS-AWC(スーパー・オール・ホイール・コントロール)を搭載していた。

第2位:ポルシェ968「実はベストハンドリングポルシェ」

15年くらい前に、中古でメルセデス・ベンツCクラスクーペを買おうとショップに探してもらっていたところ、なかなかコレという個体がなく、「ちょっと違うけど、同じく2+2シーターのクーペだし、これはどう?」と勧められたのが、10年落ちくらいのポルシェ968でした。

軽量化されたクラブスポーツではなく、ミッションもティプロトニック。助手席側のドアヒンジがバカになっているという理由で、価格は激安。大丈夫かな〜と不安になりつつも、モノは試しにと購入してみたところ、いやいや驚きましたね。「腐っても鯛」とはこのことです(失礼!)。

まず、3.0L直4エンジンがスコーンと気持ちよく回る回る。ポルシェ独自のバリオカムという可変バルブタイミング機構が採用されていたんですよね。フロントにエンジンを搭載したFRですが、トランスアクスル方式により前後重量バランスが最適化されていたのでしょう、そのハンドリングは小気味よく、思った通りにカーブをトレースしてくれて、リアが滑り出すギリギリのところで踏ん張ってグイっと加速しはじめる! これがもう楽しくて楽しくて、箱根の山道が「もっと続けばいいのに」と思わせてくれた初めてのクルマになりました。

そんな話をしたところ、当時「ミスターポルシェ」と呼ばれていた広報の方が、「実は僕もベストハンドリングポルシェは968だと思ってます」とこっそり伝えてくださったのも嬉しかったですね。

ポルシェのFRスポーツカー、924をベースに近代化を図ったのが1991年登場の968だ。フロントに搭載された3.0L直列4気筒エンジンは240psで、トランスミッションを後部に配置したトランスアクスルレイアウトを採用していた。
こちらは968のスポーツモデル、クラブスポーツ。リヤシートを取り去るなどして軽量化を図るとともに、LSDが追加されている。

第1位:ホンダ・シティ(初代)「氷上コースで味わった楽しさは大切な思い出」

ホンダの初代シティが現役の頃はまだ学生だったので、初めて乗ったのは2005年頃のこと。「トールボーイ」と呼ばれた独特のスクエアボディに丸目のヘッドライトは、誕生から20年以上経っていてもカッコ可愛くて、「ついに乗れるのか〜」と嬉しく思ったものでした。しかもそのステージとなったのは、冬の北海道。凍った湖に氷上コースを作って、なんと試験的にスパイクタイヤを履いたシティを走らせてもらったのです。

エンジンは1.2Lターボで、今思えばスペックも100ps程度と大したことはないのに、現在の軽自動車より短くて軽いボディに載せたものだから、その加速は氷上でさえも爆発的。あっという間に吹け切って、前転するんじゃないかくらい前のめりに減速し、クルクルと軽やかにカーブをこなしていくと、まるで遊園地のコーヒーカップに乗っているようなGの連続。こんな楽しさを味わったのは、シティが初めてでした。きっとこの先もないんだろうなぁと、大切にしたい思い出です。

ただ、現行モデルではプジョー208に、シティのような楽しさの片鱗を感じることができたので、気になる方にはぜひ試乗してみてほしいなと思います。

1981年発売のホンダ初代シティ。全長3380mm、全幅1570mm、全高1470mmと、今の基準からするとそれほどトールボーイではない。写真のターボは82年に追加。当時、世界最小だったターボエンジンは100psを発生した。
こちらは83年追加のターボII。ブルドッグの愛称で親しまれた。エンジンはインタークーラーを追加することで110psまでパワーアップ。全幅+55mmのブリスターフェンダーも勇ましかった。

『運転が楽しいクルマ・ベスト3』は毎日更新です!

クルマ好きにとって、クルマ選びの際に大きな基準となるのは、
「運転が楽しいかどうか」ではないでしょうか。

とはいえ、何をもって運転が楽しいと思うかは、人それぞれ。「とにかく速い」「速くないけど、エンジンが気持ち良い」「足周りが絶品」などなど、運転を楽しく感じさせる要素は様々です。

本企画では、自動車評論家・業界関係者の方々に、これまで試乗したクルマの中から「運転が楽しかった!」と思うクルマのベスト3を挙げてもらいます。

どんなクルマが楽しかったか。なぜ楽しいと感じたのか。それぞれの見解をご堪能ください。

明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ