Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

「吾輩はスズキ・ジムニーである。1986年の生まれで、型式はM-JA71Cだ。毎週、旅に出ている」【スズキ・ジムニーでアウトドアへ 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「吾輩はスズキ・ジムニーである。1986年の生まれで、型式はM-JA71Cだ」
というわけで、今週は、JA71型ジムニー君の独白です。週1で大荷物を積んでアウトドアを旅するジムニー君の胸の内は如何に?
TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

「吾輩はスズキ・ジムニーである。1986年の生まれで、型式はM-JA71Cだ。金属のルーフもエアコンもない、切替え式のパートタイムの四輪駆動車である。錆も進み、あちこちがへこんでいるので、ゆっくりと余生を送ろうとしていたが、週に1回、旅に出る事となる」

折りたたみ自転車にサイクルトレーラー、バーレーのフラットデッキを連結。木製カナディアン・カヌーを載せる。長さがあるので走行は前後左右への注意、安全確認は必要だ。

「エンジンはたった550ccなのだが、なぁにターボチャージャーがある。それでも重い船外機をシートに縛り付けられたり、カナディアン・カヌーをソフトトップにキャリアもなしに、直に積まれたりしている。おいおい、ちょいと無茶じゃないかと思うのではあるが、なぁに、いつも乗り切ってやっている。さてさて、今回は何をやらされるのやら」

僕のゾディアックタイプのボートは2m40cmほどの小型であるが、それでも長さと幅はかなりある。移動には細心の注意が必要だ。
バーレーのサイクルトレーラーの稼働部。「引っ張る力」以外の自転車の動きをトレーラーに伝えないよう、またトレーラーの挙動を自転車に伝えないように工夫がされている。空荷で引くと、ほとんどサイクルトレーラーの存在を忘れるくらい優秀だ。

「吾輩も一応クルマであるので、歩行者専用道路やサイクリングロードには入れない。湖の横までなんて、4輪駆動に切替えてくれれば難なく入っていけるのではある。たとえ少しくらいの水の中だって平気だし、そこから直接、湖に舟を降ろしてくれれば良いのだが、最近は規制も多く、吾輩が入ってはいけない場所がある。そこがちょいと悩みの種だ」

雨上がりの霞ヶ浦。この湾の中は静かだが、さて外は?

「そこで新しい相棒が登場する事になる。まぁ子分のようなものなのだが、14インチの折りたたみ自転車とバーレーと言うアメリカ製のサイクルトレーラーだ。(おいおい、キャンピング用品だって、山のようにあるのに、それにゾディアックタイプのボートとけっこう重いトーハツの船外機、それに足してサイクルトレーラーまで我が輩に積むのか!)まぁ何とかなるだろう。湖の近くまで行けば、吾輩は高みの見物と言う事で、少しはのんびりと過ごせるだろう」

「雨上がりの霞ヶ浦は、まだ霧に包まれてはいたが、午後になると霧も晴れてきた。でも、まだ水面は波だっているし、こんな時に舟を出すんかい。まぁ、さっさと重いボートと船外機を降ろしてくれよ。エアを入れたゾディアックタイプのボートと折りたたみ自転車、それにサイクルトレーラー。組み上げるとこんなに場所を取ることになる」

折りたたみ自転車からサイクルトレーラーを外し、ある程度の深さまで湖の中へサイクルトレーラーごと入れる。舟が浮く所まで入れられたら、固定しているベルトを外す。そうすれば出艇にあまり労力を使わずに済む。
広大な霞ヶ浦。釣りをしない僕は単に「走る、滑る」を楽しむ。トーハツの船外機は4ストローク、水冷。重いけれど今一番のお気に入りの船外機。

「よく運んで来たなぁ」と、吾輩は自分ながらに驚いているのだが、早く残りのキャンプ用品もそのボートに積んでくれ。おっと食材の入ったクーラーボックスも忘れるなよ。なんかニンニクの匂いが漏れてんだよ。ガソリンとオイルの匂いは好きだけれど、どうもニンニクとニラは苦手なのさ」

「今回のキャンプ用品は割とコンパクトにまとめられてるな。ワンウォールのゴアテックスのテント。ガスのシングルバーナー。ボートと船外機の補修パーツはひとつのボックスに納められている」

「自転車とサイクルトレーラーは上手く船首に載るようだ。おいおい、積んだ携行缶にガソリン20ℓかよ、どこまで行くつもりだよ。その船外機、我が輩よりも燃費が悪いのか、たった2馬力しかないくせに」

「ボートやカヌーに折りたたみ自転車とサイクルトレーラーを積んで出艇する。これには大きな意味がある。例えば川を舟で上流から下る。その後、吾輩の元に帰って来るのに、吾輩のようにパワーのある?エンジンでないと水流に逆らって戻るのはつらい」

出艇前の写真であるが、陸路は自転車とサイクルトレーラーで。水路はボートに自転車、サイクルトレーラー、そしてキャンプ用品を積む。上陸してそこでキャンプ、天候が悪く湖面が荒れているなら、サイクルトレーラーにすべてを積み込み、陸路で帰路。

「トーハツの船外機なら戻れるだろうが、カナディアンカヌーやファルトボートのクレッパーでは、何千回も漕ぐ事になるだろう。そこで帰りは陸路。サイクルトレーラーでボート、カヌーを積んで帰る。上手く考えたものだ」

「それは良いけれど、本当は何がしたいんだよ?」と聞いてみたところ、どうやら、夏にある湖で対岸まで舟で渡り、そこから折りたたみ自転車で陸路を行き、お肉屋さんで(メンチカツとコロッケ)を買いたいらしいのだ。吾輩にもハイオクのガソリンを買って来てくれると言うので、まぁこれはよしとしよう。そんなわけもわからないおっさんに、もう20回以上もつき合わされている」

「吾輩は背伸びをして湖面を見てみた。白波が立っているところがあるな。気を付けて行け。ダートならマニュアルフリーハブをロックして、4輪駆動のHに入れる。そんなところだ。吾輩なら簡単に越えて行けるが、あまり良い状況ではない。無理はすんなよ」

「まぁ、今回は折りたたみ自転車とサイクルトレーラーを使うことで、確実にボートと船外機、キャンピング用品を運べる事がわかったのだ。これで水路も陸路も行ける。それで良いのではないのかな」

「おっと、それでも吾輩にはハイオクガソリンは入れておくれよ。これから相棒達、いや、子分達の折りたたみ自転車とサイクルトレーラーを積んで帰る役目がある」

「吾輩はスズキ・ジムニーである。型式はM-JA71C。名前はまだない」
 

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ