Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−30

マツダ3やCX-30に採用されているマツダの新世代ガソリンエンジン「スカイアクティブ-X」が2020年度日本機械学会賞を受賞!

このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは4月23日、同社の研究者が新世代ガソリンエンジン「スカイアクティブ-X」の開発において2020年度日本機械学会賞(技術) を、広島大学との共同研究によるモデルベース開発教育カリキュラムの策定とその実践において、日本機械学会教育賞を受賞したと発表した。

乗用車用量産ガソリンエンジンとして世界で初めて高圧縮比化と希薄/希釈燃焼による火花点火制御圧縮着火燃焼方式のエンジンを開発し、エンジンの熱効率改善を通じて二酸化炭素排出低減に貢献

日本機械学会賞は、一般社団法人日本機械学会により「日本の機械工学・工業の発展を奨励する」ことを目的として1958年に設けられ、毎年、優秀な論文や技術などが表彰されている。このたびの受賞概要は以下のとおり。

●日本機械学会賞(技術)
・受賞対象:「火花点火制御圧縮着火を導入した新型ガソリンエンジンの開発」
・受賞者:漆原友則、遠藤孝次、江角圭太郎、井上 淳、末岡賢也(マツダ株式会社)※敬称略
・主な評価内容:乗用車用量産ガソリンエンジンとして世界で初めて高圧縮比化と希薄/希釈燃焼による火花点火制御圧縮着火燃焼(SPCCI=Spark Controlled Compression Ignition)方式のエンジンを開発し、エンジンの熱効率改善を通じて二酸化炭素排出低減に貢献していることなど。

●日本機械学会教育賞
・受賞対象:「モデルベース開発教育カリキュラムの策定とその実践」
・受賞者:脇谷 伸、山本 透(広島大学)/原田靖裕、足立智彦、森重 智年(マツダ株式会社)※敬称略
・主な評価内容:製品開発に携わるエンジニアに向けたモデルベース開発(MBD=Model Based Development)概念の浸透促進の課題に対し、2016年「モデルベース開発人材育成研修」の実施、ひろしま自動車産学官連携推進会議主導の産学官連携によって構築した2017年「モデルベース開発プロセス研修」の実施、2018年には同教育カリキュラム内容を学習用教材として出版するなど、これまでにマツダ社内のみならず多くの地域企業を対象に1500名以上の人材育成に貢献したことなど。

マツダの新世代ガソリンエンジン「スカイアクティブ-X」

このたびの受賞を受けてマツダは、今後もクルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、顧客との間に特別な絆を持ったブランドになることを目指していく方針を改めて強調した。

●マツダ公式WEBサイト

●一般社団法人 日本機械学会公式WEBサイト

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ