Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ダイハツ|DAIHATSU
  4. タフト

ダイハツ・タフト vs スズキ・ハスラー! 宿命のライバルを比べてわかったそれぞれの長所と短所とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリア:直線的なタフト、遊び心が感じられるハスラー

インテリアは、両車で個性が分かれている。タフトのインパネは、まるで定規で線を引いたかのような直線基調でまとめられており、オーソドックスな雰囲気。ハスラーのインパネは3連ガーニッシュを上下のバーが挟み込むようなデザインとなっており、さらにガーニッシュにはカラーコードを装着して小物を挟み込むこともできるなど、遊び心が感じられる。このあたりのデザインは、初代ハスラーのノウハウもあるせいか、スズキに一日の長があるように見えるが、いかがだろうか。

タフトのインパネ。オレンジのアクセントカラーは中間グレード(G)以上に備わる
ハスラーのインパネ。特徴的な三連ガーニッシュのカラーは、オレンジのほかブルー、ホワイトがある

インテリアでもう1点、ハスラーが優位に立っていると思われるのが後席にスライド機構を備えていること。背もたれの裏側にスライド用ストラップが備わっており、荷室側から簡単に操作できるのはポイントが高い。タントの後席には、残念ながらスライド機能が備わっていないのだ。

タフトの室内。前席周りは濃いグレー、後席周りは明るいグレーと色使いが異なるのがユニークだ
ハスラーの室内。三連ガーニッシュのカラーはシートやドアトリムにもアクセントとしてあしらわれる

逆にタフトで便利そうだな、と思ったのは後席のシートバックも樹脂製になっていること。後席を格納して荷室を拡大した際、気兼ねなく汚れたキャンプ道具などを放り込めるのだ。

パワートレーン:両車ともにNAエンジンとターボエンジンを用意。燃費性能はハスラーが圧倒

パワートレーンはどうだろうか。両車ともにNA(自然吸気)とターボ、2種類のエンジンを搭載する。

タフト(NA)

種類:直3DOHC
型式:KF型
ボア×ストローク:63.0mm×73.4mm
総排気量:658cc
圧縮比:11.5
最高出力:52ps/6900rpm
最大トルク:60Nm/3600rpm
WLTCモード燃費:20.5km/ℓ(FF)・19.7km/ℓ(4WD)

タフト(ターボ)

種類:直3DOHCターボ
型式:KF型
ボア×ストローク:63.0mm×73.4mm
総排気量:658cc
圧縮比:9.0
最高出力:64ps/6400rpm
最大トルク:100Nm/3600rpm
WLTCモード燃費:20.2km/ℓ(FF)・19.6km/ℓ(4WD)

ハスラー(NA)

種類:直3DOHC
型式:R06D型
ボア×ストローク:61.5mm×73.8mm
総排気量:657cc
圧縮比:12.0
最高出力:49ps/6500rpm
最大トルク:58Nm/5000rpm
WLTCモード燃費:25.0km/ℓ(FF)・23.4km/ℓ(4WD)

ハスラー(ターボ)

種類:直3DOHCターボ
型式:R06A型
ボア×ストローク:64.0mm×68.2mm
総排気量:658cc
圧縮比:9.1
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:98Nm/3000rpm
WLTCモード燃費:22.6km/ℓ(FF)・20.8km/ℓ(4WD)

タフトのエンジンは、DNGAに基づき新開発され、タントから搭載がはじまったもの。マルチスパーク(複数回点火)によるEGR量拡大、噴射燃料の霧状化による燃料直入率向上、高タンブルストレートポートによる燃焼速度アップなどが図られている。

タフトに搭載されるKF型NAエンジン
こちらはKF型ターボエンジン

CVTは、ターボ車にDNGAの新技術「D-CVT」を搭載する。これは走行状況に応じてベルトだけでなくギヤ駆動も併用することにより、伝達効率向上と変速比幅の拡大を実現したものだ。

D-CVTはタフトのターボ車に搭載される

ハスラーのNAエンジンは新開発のR06D型。ロングストローク化が図られたほか、デュアルインジェクションとクールドEGRをスズキの軽自動車としては初採用した。また、CVTも新開発で、スズキ初の2ポートオイルポンプなどの採用により、燃費性能向上に貢献している。

ハスラーで初出しとなったR06D型エンジン

また、ハスラーは全車がマイルドハイブリッドを搭載している。ISG(モーター機能付き発電機)により、減速エネルギーを利用してリチウムイオンバッテリーに充電。その電力を利用して、加速時にモーターアシストを行う。

先代からはISGが高出力化が実現しており、最高出力はNA車が1.6kWから1.9kWへ、ターボ車が1.6kWから2.3kWとなっている。また、ユニークなのはターボ車に搭載された「パワーモード」で、スイッチを押すと、エンジンとCVTの制御変更、モーターアシストのトルクアップを行い、加速を手助けしてくれる。

WLTCモード燃費を見比べてみると、ハスラーの圧勝だ。特に、NAエンジン車の燃費は素晴らしい。タフトは、D-CVTがNA車に搭載されないのが残念。タントは全車がD-CVTなのだが…。タフトはNA車の燃費がターボ車とあまり変わらないが、その要因はCVTにあるのかもしれない。

オフロード性能:滑りやすい路面での発進時に役立つ制御を採用

では、オフロード性能はどうだろうか。最低地上高はタフトが190mm、ハスラーが180mm。アプローチアングル/デパーチャーアングルは、タフトが27度/58度、ハスラーが29度/50度となっており、数値的には一長一短といったところ。

タフトのアプローチアングルは27度。デパーチャーアングルはハスラーを大きく上回る58度
ハスラーのアプローチアングルは29度(先代比プラス1度)、デパーチャーアングルは50度(同プラス4度)

タフトにはグリップサポート制御が備わる。滑りやすい路面での発進・加速時にタイヤが空転した際、空転が発生した車輪にはブレーキをかける一方、空転していない車輪に駆動力をかけるというものだ。

タフトのグリップサポート制御

同様の機能はハスラーにも備わっており、ハスラーではさらに雪道などでタイヤの空転を抑える「スノーモード」、急な下り坂で車速が出過ぎないよう自動的に制御してくれる「ヒルディセントコントロール」も用意されている。

ハスラーもタフトも本格的なオフロード走行を楽しもうという人は少ないだろうが、使う使わないは別にしても、こうした機能があることが、「いざというときには頼りになる」感の演出に貢献しており、オーナーの所有欲をくすぐるポイントになっている。

ハスラーのヒルディセントコントロール
ハスラーのスノーモード

特徴的な装備:大型ガラスルーフと電動パーキングを全車標準のタフトに驚いた!

タフトはユニークな装備の数々により、ハスラーにはない独自の魅力をアピールしている。

その筆頭は、なんと言っても大きなガラスルーフだ。軽自動車では非常に珍しいが、開放感は抜群。ガラスはUV&IRカット機能も備えているから、日焼けの心配が少ないのもうれしい。このガラスルーフが全車標準というのだから、ダイハツも思い切ったものだ。

タフトの大型ガラスルーフ(スカイフィールトップ)

また、もう一つタフトの装備で注目したいのは、ダイハツ車で初めとなる電動式パーキングブレーキだ。シフト操作に連動してパーキングブレーキが作動し、アクセル操作で解除されるのは、慣れるととても便利。ハスラーは一般的な足踏み式パーキングブレーキだから、ここはタフトが一歩リードと言えるだろう。

タフトの電動パーキングは、センタートレー端部に設けられたスイッチで操作する

そして、LEDヘッドランプが全車に標準装備なのもタフトのアピールポイント。オートレベリング機構が付くのは中間グレード(G)以上ではあるが、下位グレード(X)でもLEDヘッドランプが装備されているのは魅力的だ。

ちなみにハスラーの下位グレード(HYBRID G/ターボ)は、ハロゲンヘッドライトとなっている。

LEDヘッドライトをタフトは全車に標準採用

安全装備:全車速追従機能付きACCや夜間歩行者検知機能を備える両車

最後に、安全装備はどうだろうか。

タフトは3年半ぶりに刷新された新型ステレオカメラの採用により、進化したスマートアシストを採用。夜間歩行者への対応のほか、衝突回避支援ブレーキの対応速度引き上げ、路側逸脱警報機能、ふらつき警報機能、そして標識認識種類増加(従来の進入禁止に加え最高速度、一時停止)が追加された。また、先行車に合わせて停止した際はブレーキをかけ続けるなど、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)も利便性が向上している。

新型ステレオカメラの採用により、タフトは夜間歩行者検知に対応した
タフトの車線逸脱警報機能
タフトの車線逸脱抑制制御機能
タフトは一時停止や最高速度の標識も検知する
先行車が停止した状態では、タフトもブレーキをかけ続けて停止状態をキープする

ハスラーもステレオカメラを搭載しており、夜間歩行者検知機能、一時停止を含む標識認識機能など、タフトと同等の先進安全機能を有する。全車速追従機能付きACC、車線逸脱抑制機能も、スズキの軽自動車としては初めて採用している。

ハスラーの全車速追従機能付きACC
ハスラーの車線逸脱抑制機能

タフトの先進装備で注目は、レーンキープコントロール(LKC)だ。約60km/h以上で走行中、ACC作動時にクルマが車線の中央付近を維持して走るようにハンドル操作をアシストしてくれるのだ。

もう一つ、ハスラーにはないタフトの先進装備が、アダプティブドライビングビーム(ADB)だ(中間&上級グレードに標準)。ハイビームで走行中、前方に先行車や対向車を検知した際、ハイビームのまま部分的に遮光してくれるというもの。ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートハイビーム(下位グレードに標準)よりも、夜間走行時の視認性に優れている。ちなみにハスラーは、オートハイビームが全車標準となっている。

結論:ユニークな装備が多いタフトか、2代目となり熟成された感のあるハスラーか!?

様々な角度から2台を比べてみると、タフトがとハスラーを徹底的に研究していること、そして両車ともに一長一短があることがわかった。今回の比較はあくまで机上のもので、実際にハンドルを握って比べてみないとはっきりとしたことは言えないことをお断りしておくが、簡単にまとめてみると、以下の通りだ。

【タフトの○(マル)】
・スカイフィールトップ(ガラスルーフ)が全車標準
・LEDヘッドライトが全車標準
・電動パーキングブレーキが全車標準
・リヤシートの背もたれ背面も樹脂になっている

【ハスラーの○(マル)】
・マイルドハイブリッドを全車搭載
・燃費が良い
・インテリアカラーが豊富(全3色)
・リヤシートが前後スライド可能

色々と好き勝手に述べてきたが、結局のところ、こうしたライフスタイルカーは、自分の好みに合うかどうか、が一番大事。デザインが気に入っていれば、多少の欠点だってアバタもエクボとなるのだから。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ