Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

1986年式のスズキ・ジムニーに1984年製のカナディアンカヌーを積んで【スズキ・ジムニー(JA71型)でアウトドアへ 】

このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ・ジムニーのルーフに木製カナディアンカヌーを搭載。左右はラチェットのものを使用してフェンダーに直掛け。前後はオリーブ色のOGC カムバックルタイダウンベルトを使用。

今日は愛車スズキ・ジムニーにカナディアンカヌーを積んで出かけてみる。重さ20kg以下、ジムニーにも詰めるカナディアンカヌーだ。そして今日のランチは、スペイン料理のアヒージョにチャレンジだ。

TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

アウトドアブームでキャンプ場はどこも混んではいるのだが、今日もお気に入りの場所を独占。「今日は風が出るよ!」と「ホテルはつかり荘」のお母さんは今日も元気だ。

晩秋が好きだ。紅葉を見上げれば、極彩色に染められた光が僕の目に届く。足元は落ち葉に埋め尽くされ、何十年もかかって織り上げられたペルシャの絨毯のようである。冷たい風が吹くたびに落葉し、静止画のように見えていた景色が、秋だけは僕の息づかいと同じになる。
 
いつか撮りたいと思っている写真がある。晩秋、湖を埋め尽くす落ち葉。その湖面に舟を浮かべ、カメラを構える。静寂の中、僕は秋の鼓動と一体となりシャッターを切る。

そんな思いもあって数年前、僕はあるカヌー工房にいた。カナディアンカヌーを手作りするつもりだった。そこにはカヌーを作る教室もあり、カヌーのキットも数種類用意されていた。週末を利用して通って来る人達も多く、彼らの製作途中のカヌーも見ることができた。カヌー製作に掛かる30日から40日の工程が一目でわかり、丁重に説明もしていただいた。
 
その後、クルマや舟、飛行機にも精通した友人の許から、僕の所に、「クレッパー」というドイツ製の組み立て式のカヤック「ファルトボート」がやって来ることになる。船体に布を被せるカヤックだ。カヤックのロールスロイスと呼ばれているクレッパーは、長さが5mを超え、重さも組み上げると30kgでは済まないものだった。また、どうしてもエンジン付きのボートが欲しくなり、小さなゾディアックタイプのゴムボートを手に入れた。安定は抜群だが、エンジンを含めるとやはり40kgは超える。どちらもクルマへの載せ降ろしはひとりではかなり辛い重さだ。

木製パドル(オール)をまとめて留める。使用しているものはOGC バンジーループボール。長い物をまとめておくのに便利。くるっとゴムを回してボールにゴムを引っ掛けるだけ。

この木製のカナディアンカヌーの重量は20kgにも満たない。ひとりでスズキ・ジムニーのルーフに積める。組み立ても要らずあっという間に湖上へアクセス可能である。スズキ・ジムニーよりも船体は長いのだが、前後ともオーバーするのは30cm未満なので、法律で決まっている赤い布を装着する必要がない。ソフトトップの僕のジムニーはルーフキャリアも必要なく、直に搭載して固定できる。

出港の準備。カヌーのフロアに民族調のカーペットを敷いてみる。ベニスのゴンドラに習うなら深紅だが、その場合はカヌーをピアノブラックに塗る必要があるね。
前回はこの入り江にファルトボートのクレッパーを入れ込んだが、今回は湖を縦断する。奥に霊峰富士。
小さな入り江を見つけたので、上陸を試みるが垂直の溶岩に阻まれる。溶岩の割れ方で急速に冷えたのか、それともゆっくりと冷えていったのかがわかるのだそうだ。
パドルから落ちた水滴が波紋を作る。まるで湖面の小宇宙。高速シャッターで瞬間を止める。
何事もなく縦断は成功。ジムニーの待つ出発点へ戻りランチの準備。
劣化した部分をサンダーで削り落とし、クリアー塗料を噴く。

このカナディアンカヌーは、1918年から続く木造を得意とする造船所が、1984年にカナディアンカヌーの製作を始めた際の、最初の1艇だ。材料も技術も最高のものがつぎ込まれているという。船体はしっかりしているので修復の必要はなく、艶を出すことにした。オーナーの歴史や舟のオリジナルを残しながら、1週間ほど掛けて、丁重に手を加えた。船体中央部にあるストライプも、控えめながら当時と同じように浮き出て見えていると思う。

帰りに山中湖へ立ち寄る。気温はどのくらいだろう。次の日は富士五湖周辺は氷点下まで落ち込む。ヒーター全開で帰路につく。

1986年のスズキ・ジムニーに1984年のカナディアンカヌー。このカナディアンにサイドフロートを装着し、帆も新たに装着して猪苗代湖の縦断ができるかもしれない。

秋の夜長、ストーブに手をかざしながら夜な夜な構想を膨らませている。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ