Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. アコード

5.2ℓV10搭載モデルも!走りを極めるならこれだ!200万円で手に入るホットなスポーツセダン5選【モーターファンおすすめ中古車】

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、SUVの陰に隠れセダンの人気がなくなってきている。最近でもシビック(セダン)やマークXなど数々の伝統モデルが販売中止となっている。しかし、クルマの基本的な車型といえばセダン。4人がしっかり乗れる、重心が低く走行性能が高いなどセダンには多くの魅力がある。そこで今回は走りに特化した、200万円以内で買えるホットなスポーツセダン5選を紹介する。

世界中でSUVが人気だ。日本も例外ではなく、各メーカーもSUVに力を入れている。その一方でセダンは人気がなくなっている。1990年代まではセダンは人気が高く、街を走るクルマはセダンの割合が大きかった。だが、現在ではセダンはカテゴリー別シェアで10%ほど。どのメーカーも少しずつセダンのラインアップを減らし、ここ20年ほどで一気に元気がなくなってしまった。

しかしセダンには、車高が低く、低重心のため安定した走行性能が得られるという大きな魅力がある。今回はそんなセダンの中でも走りに特化した中古で買えるホットなスポーツセダンを紹介する。

インプレッサ WRX STI(4ドア)名機EJ20型ボクサーターボの気持ちの良い走りが魅力

3代目スバル・インプレッサ WRX STIは、標準のインプレッサをベースとし“意のままに操る愉しさ”を追求したスポーツモデル。2007年に5ドアハッチバックモデルが発売され、5ドアの改良とともに、2010年7月に4ドアセダンが追加された。4ドアモデルは、ロードスポーツとしての性能を追求し、優れた空力性能を持ちあわせた、WRX STIの世界観を表現するモデルだ。「ワイド アンド ロー」をデザインコンセプトに、スバルの新しいAWDスポーツに相応しい、力強さと存在感を表現している。また4ドアモデルには、空力特性を考慮した専用の大型リヤスポイラーを専用装備している。

パワートレーンはEJ20型2.0ℓ水平対向4気筒DOHCターボエンジン(MT)とEJ25型2.5ℓ水平対向4気筒DOHCターボエンジン(AT)の2種類が設定されている。MTと組み合わされる2.0ℓ水平対向4気筒DOHCターボエンジンの最高出力は308ps。アクセルを踏むと、心地良いボクサーサウンドを響かせながらレスポンスよく加速していく。「スポーツ」を極めたいならこのMTモデルが良いだろう。一方、ATと組み合わされる2.5ℓ(300ps)は、MTモデルよりもマイルドな味付け。サスペンションもコンフォートで街乗りが多いならこちらの方が乗り心地が良い。
平均中古価格は195万円
たとえばATモデルだと「インプレッサWRX STI Aライン 2.5 2012年式、走行3万6000kmで車両本体価格168万円」というような中古車がある。MTモデルは相対的に価格が高く、200万円以内のものを探す際は状態をしっかりチェックする必要がある。
このインプレッサ WRX STIはスバルのお家芸とも言える水平対向ターボエンジンの気持ちの良い走りを楽しめるモデルでスポーツセダンを検討する際には欠かせないモデルだ。

詳細スペック:WRX STI Aライン

全長×全幅×全高(㎜)=4580×1795×1470
ホイールベース(㎜)=2625
エンジン:2.5ℓ 水平対向4気筒DOHC16バルブターボ
駆動:フルタイム4WD
最高出力:300ps(221kW)/6200rpm
最大トルク:35.7kg・m(350Nm)/2800~6000rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:5AT
車重(kg):1490
新車価格:315万円
※2010年発売当時のスペック

7代目ホンダ・アコード ユーロR その走りはまさに「タイプR」⁈ NAエンジンが気持ち良い!

7代目ホンダ・アコードは、初代アコードから継承されてきた「人と社会との調和」という理念のもと、「New Quality Tourer(ニュー・クオリティ・ツアラー)」をコンセプトに、あらゆるシーンでの長時間、長距離運転でもストレスを感じさせない、スポーティでありながらも心地よく安心感のある走りに加え、細部にまでこだわった上質な内外装、高い安全・環境性能をもつ新しいミッドサイズ・セダン、ワゴンのベンチマークとして開発された。

今回紹介するのはその7代目のホットグレード「ユーロR」。エアロフォルムバンパーやハニカムメッシュタイプのフロントグリル、17インチアルミホイールなど、スポーツを全身で表現したエクステリアデザインを採用している。インテリアにはMOMO本革巻ステアリングホイール、レカロ社製バケットシート(フロント)、アルミ製シフトノブなどを採用、ドライバーが操作する歓びを感じられるスポーティな装備を満載している。2.0ℓNAエンジンを搭載したこのモデルはじつはヨーロッパではタイプRとして売られていた。それほど獰猛なスポーツカーというわけだ。最高出力は220psを発揮し、8000回転以上回せるNAエンジンは気持ちの良いVTECサウンドを響かせる。

平均中古価格は約130万円。
たとえば、「アコード 2.0ユーロR 2007年式、6MT、走行4万6000kmで車両本体価168万円」というようなモデルが比較的簡単に見つけることができる。
やんちゃなFFホットセダンを選ぶならこのモデルがおすすめだ。

詳細スペック:ユーロR

全長×全幅×全高(㎜)=4665×1760×1450
ホイールベース(㎜)=2670
エンジン:2.0ℓ 水冷直列4気筒DOHC
駆動:FF
最高出力:220ps(162kW)/8000rpm
最大トルク:321.0kg・m(206Nm)/6000rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:6MT
新車価格:253万円
※2002年発売当時のスペック

初代マツダ・マツダスピード アテンザ ハイレスポンスと豊かな低速トルクによる洗練されたリニアな走りが持ち味!

マツダスピード アテンザは、当時新開発の2.3ℓ直噴ガソリンターボエンジン「MZR 2.3 DISI(ディジー) TURBO」、電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステムなど、独自の技術を搭載したハイパフォーマンスセダン。最高出力は272ps、最大トルクは380Nmというスペックを誇る。このエンジンのトピックは優れたエンジンレスポンス。筒内冷却効果により初期加速の充填量がアップすることで、ターボチャージャーのタービン/コンプレッサー回転速度が素早くリニアに上昇する。このため、アクセルを踏み込んですぐの2500rpm付近からターボの過給効果を発揮し、優れたエンジンレスポンスを実現した。また電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステムは、前後輪のトルク配分を100:0から50:50まで調整でき、状況に合わせて適切な調節が可能だ。トランスミッションは通常モデルのアテンザにはない6MTのみとなっている。

ノーマルのアテンザは178psの2.3ℓNAと150psの2ℓNAのエンジンが設定されており、マツダスピード アテンザはまったくの別物だと考えた方が良いだろう。特にMTで洗練されたリニアな走りを楽しみたい人におすすめの一台だ。

平均中古価格は約73万円。
たとえば「アテンザ マツダスピード 4WD 2005年式、6MT、走行3万9000kmで車両本体価格130万円」というようなところが標準的な中古相場だ。
ただ、注意が必要なのは他のモデルと比べて中古車市場にあまり出回っていないことだ。タマ数が少ないため程度が良いものも多くない。購入を検討する場合はしっかり車両の状態を見極めていただきたい。

詳細スペック:ベースグレード

全長×全幅×全高(㎜)=4760×1780×1430
ホイールベース(㎜)=2675
エンジン:2.3ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
駆動:フルタイム4WD
最高出力:272ps(200kW)/5500rpm
最大トルク:38.7kg・m(380Nm)/3000rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:6MT
新車価格:302万4000円
※2005年発売当時のスペック

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ