Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. ルーテシア

【ルノー・ルーテシア vs プジョー208 vs フォルクスワーゲン・ポロ】最新の欧州Bセグメント・ハッチバックを徹底比較!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年はBセグメント・ハッチバックの当たり年でした。欧州ベストセラーのルノー・ルーテシアと、そのガチンコライバルのプジョー208が揃って日本上陸。トヨタ・ヤリスやホンダ・フィットも2020年初頭に国内販売が開始されました。本記事ではフランス勢の2台にフォーカスしつつ、世界のコンパクトカーのベンチマークと言われているVWポロを加え、様々な角度から比較検証します。

PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)

目次開く

ボディサイズはほとんど同じですが……

ルノー・ルーテシア

プジョー208

フォルクスワーゲン・ポロ

インテリアは百花繚乱

ルノー・ルーテシア

プジョー208

フォルクスワーゲン・ポロ

ラゲッジスペースはルーテシアが最大!

ルノー・ルーテシア

プジョー208

フォルクスワーゲン・ポロ

エンジンは名機が勢揃い

ルノー・ルーテシア

プジョー208

フォルクスワーゲン・ポロ

クラスを超えた上質な走り──ルーテシア

フランス車らしい軽快な身のこなし──208

力強さと安心感──ポロ

ボディサイズはほとんど同じですが……

まずはボディサイズを比べてみましょう。

ルノー・ルーテシア

全長×全幅×全高:4075×1725×1470mm ホイールベース:2585mm ミラーtoミラー(編集部実測):2000mm

プジョー208

全長×全幅×全高:4095×1745×1465mm ホイールベース:2540mm ミラーtoミラー(編集部実測):1960mm

フォルクスワーゲン・ポロ

全長×全幅×全高:4075×1750×1450mm ホイールベース:2550mm ミラーtoミラー(編集部実測):1970mm

ご覧の通り、3台ともほぼ同じような数値です。コンパクトに見える208の全長が最も長く、大きく流麗に見えるルーテシアは全長がポロと同じで短く、全幅に至っては最も狭いというのはデザインの妙技でしょうか?

いずれにせよ、それほど大きな違いというわけではなさそうですが、コンパクトカーでは10mmほどの差が取り回しに大きな影響を与える場合もありますから、やはり必ず試乗して、可能であればご自宅での車庫入れも試してみたいところです。

2000年代から10年代にかけて、クラスを問わずボディサイズが拡大し続けた時期がありましたが、今はそれも落ち着き、多くのBセグメント・ハッチバックは上記のサイズに収まっています。

例えばルーテシアなんて、先代比で全長が20mm、全幅が25mmもダウンサイジングされています。

いずれにせよ現代の多くのカスタマーにとって、これら3台のボディサイズがBセグメント・ハッチバックとして適正という認識なのでしょう。

インテリアは百花繚乱

次にインテリアを見てみましょう。こちらはモデルごとにブランドの個性が大きく表れていて、とても面白いですよ。

ルノー・ルーテシア

まずはルーテシアです。どうですかこの上質感! モデル末期まで欧州のセールストップを独走し続けたルーテシアにとって、ユーザーからの数少ない不満の声(と言うほどのものでもなく、実際には「強いて挙げるなら……」という程度のものだったらしいのですが)が、インテリアの質感に関するものだったそうです。

ですので新型ルーテシアの開発に当たってルノーが注力したのがインテリアのクオリティ向上でした。

……なんですけれど、実際に運転席につき、見て触ってみると「ちょっとやり過ぎなんじゃない?」って呆れてしまうほど。これ、完全にCセグメントを通り越してDセグメントに匹敵するクオリティです。

Bセグメントってね、ある種のチープシックな魅力っていうのもあったりするんですよね。でもルーテシアはガチです。言い訳無用です。本当にイイモノ感に溢れています。

ちょっと操作系についてもお話しておきましょう。まずルーテシアはイギリスでもたくさん売れていますので、右ハンドル車のペダルレイアウトが適正です。これは歴代ルーテシアの伝統でして、右側フロントホイールハウスの影響を受けやすいコンパクトカーなのに、ペダルのオフセットが一切ありません。

それと昨今のトレンドに則り、ダッシュボード中央のタッチパネルでさまざまな操作を行なえるのですが、頻繁に使うエアコンの操作系はしっかりダイヤル式です。前方から目をそらさず、ブラインドタッチで操作できる物理的スイッチを堅持したのは好印象です。

ステアリングコラムの右下から生えているオーディオ操作ユニットもルノーオーナーにはお馴染みですね。ステアリングから手を離さずに操作できるので、一度使ってしまったら手放せません。

プジョー208

さて次は208です。もうこちらは、「これぞフランス!」と快哉を叫びたくなるほどに前衛的です。

小径ステアリングを低めにセットし、立体的に虚像が浮かび上がるメーター類をステアリングの上から覗くという「3D i-Cockpit」は、ほかにはないプジョーならではの独特なもの。最初こそ違和感を覚えるかもしれませんが、慣れると妙にしっくりくるという不思議なドライビングポジションです。

シフトノブはこの3台中で208のみがバイワイヤ式のクリックタイプ(操作するごとにノブが元の位置に戻る。ほかの2台は「D」や「R」などの位置に固定されるコンベンショナルなタイプ)です。

考えてみれば、モーターサイクルなんて車種ごとにライディングポジションがまちまちで、それぞれの違いを楽しむのもまたバイクの魅力のひとつであるわけです。そう考えると、コクピットにまで個性を追い求めるプジョーのアグレッシブなアプローチには賛同したいですね。

フォルクスワーゲン・ポロ

そしてポロです。こちらはいかにもドイツ的と言いますか、取り立てて目立つところはないものの、カッチリキッチリと仕立てられていて、安心感がこの上なく高いです。地味と言えば地味ですが、安っぽさが微塵も感じられないのはさすがフォルクスワーゲンです。

さらに特筆すべきは、ドライバーの視点から隠れてしまうスイッチがほとんどないということです。ウインカーレバーなどはステアリングの裏にあるので本体が見えないのは当然ですが、ボタン式のスイッチをドライバーが見失うことはないでしょう。

そしてポロも、オーディオのボリュームやエアコンの温度調節などはダイヤル式を採用しています。

クルマにとくにプレミアム性やエンターテイメント性を求めていない方には、まさにポロこそ理想の選択肢です。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ