Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 2008

プジョーSUV2008。サイズも走りも高レベル。では208と2008、どっちを選ぶべきか比較してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
プジョーSUV2008 GT Line 車両本体価格○338万円

SUV2008は、プジョーのBセグSUVだ。名前が「2008」から「SUV2008」へと変わっている。Bセグハッチバックの208の背の高い版という位置づけだと思われているが、208とSUV2008は意外と違うのだ。乗り比べたインプレッションをお届けしよう。

この角度から見ると208とあまり似ていない。

日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたプジョー208。その実力は、新型ルノー・ルーテシアと並んで非常に高い。乗り味もスタイルもプジョーのほうが少しマニア向けのように感じるが、どちらも国産車から乗り換えても違和感は少ない。

新型プジョー208、ヒットの予感あり! 選ぶならアリュールかGT Lineか。価格差は33万円

ここのところ、プジョー(とシトロエン、DS)が好調だ。出すモデルはどれもヒットしているし、実際の評判もいい。そこに加わ...

あわせて読みたい

ともに新型 プジョー208 vs ルノー・ルーテシア 今度のフレンチBセグ・ハッチバックはどちらも出来がいい。比較してみよう

プジョー208とルノー・ルーテシア(欧州名クリオ)は、フランスを、いや欧州を代表するBセグハッチバックである。ともに2019...

あわせて読みたい

プジョー208Allure、208 GT Line、ルノー・ルーテシアと続けて試乗した後、SUV2008にも試乗する機会があった。試乗したのは最上級グレードのGT Lineである。

全長×全幅×全高:4305mm×1770mm×1550mm ホイールベース:2610mm
車両重量:1300kg 前軸軸重780kg/後軸軸重520kg トレッド:F1550mm/R1550mm
最小回転半径:5.4m 最低地上高:205mm

ここでは、208とSUV2008を比較しながら話を進めていこう。

まずは、ボディサイズだ。SUV2008は208の単なる背の高い版ではない。プラットフォームはどちらもPSAのB/Cセグメント向けモジュラー・プラットフォームであるCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)を使うが、CMPは
・2つのトレッド
・3つのホイールベース
・複数のホイール径
をカバーすることになっている。

上がSUV2008 全長×全幅×全高:4305mm×1770mm×1550mm ホイールベース:2610mm 下が208 全長×全幅×全高:4095mm×1745mm×1465mm ホイールベース:2540mm
左がSUV2008、右が208。それぞれGT Line。車高はSUV200の方が85mm高い。トレッドもSUV2008:F1550mm/R1550mm 208:F1495mm/R1495mmとかなり違う。

ボディサイズは
SUV2008
全長×全幅×全高:4305mm×1770mm×1550mm
ホイールベース:2610mm
208
全長×全幅×全高:4095mm×1745mm×1465mm
ホイールベース:2540mm

ついでにトレッドも並べておくと
SUV2008:F1550mm/R1550mm
208:F1495mm/R1495mm

となっており、SUV2008は208よりひと回り大きなサイズである。それでも全長4305mm、全高1550mmは都市部でも使いやすいし、視点が高い分、自信をもって運転できるというメリットもある。もちろん機械式駐車場へも入るから、不便はない。ボディサイズは少し大きくなっても最小回転半径は、5.4mで208と変わらない。

フロントサスペンション

左がSUV2008、右が208。形式はマクファーソンストラット式で同じだが、アーム類の作りはSUV2008の方がごつい。

リヤサスペンション

リヤはTBA(トーションビーム式)左がSUV2008、右が208。

個人的にはSUVよりセダンやハッチバックの方が好みなのだが、208とSUV2008を比べたら、SUV2008のほうが運転しやすいと感じた。ホイールベースが70mm長く、タイヤサイズが大きいこともあって、SUV2008の方が乗り心地が穏やかだ。
ちなみに、タイヤサイズは
SUV2008:215/60R17(外径689.8mm)
208:205/45R17(外径616.8mm)
どちらも、ミシュラン・プライマシー4を履いていた。

エンジンは1.2ℓ直3ターボは同じだが仕様が異なる

SUV2008のボンネットを開けるとこう見える。ボンネットフードにはダンパーは付いていない(208も)。
あまり興味のある方はいないと思いますが、これがエンジンカバー。
裏側はこうなっている。PSAのエンジンカバーは非常に素っ気ない。
エンジン 形式:直列3気筒DOHCターボ 型式:EB2 PureTech 排気量:1199cc ボア×ストローク:75.0mm×90.5 mm 圧縮比:10.5 最高出力:130ps(96kW)/5500pm 最大トルク:230Nm/1750rpm 燃料供給:DI 燃料:無鉛プレミアム 燃料タンク:44ℓ

SUV2008は208と同じ1.2ℓ直列3気筒DOHCターボを搭載する。EB2 PureTechエンジンだ。この3気筒ターボは、とても気持ちの良いエンジンで、3気筒のネガを感じさせない。EB2 PureTechエンジンだが、SUV2008と208では仕様が違う。
SUV2008
最高出力:130ps(96kW)/5500pm
最大トルク:230Nm/1750rpm
208
最高出力:100ps(74kW)/5500pm
最大トルク:205Nm/1750rpm
ボディサイズが大きくて重い(208より140kg重い)SUV2008の方が高出力の仕様を搭載している。

トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製8AT。1速:5.070 2速:2.971 3速:1.469 4速:1.230 5速:1.000 6速:0.808 7速:0.672 8速:0.672 後退:4.015 最終減速比:3.537
ECO/NORMAL/SPORTから好みの仕様を選択できるドライブモード(208も同じ)

組み合わせるトランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製8速ATである。1〜8速のギヤ比は208とSUV2008で同じ。車重とタイヤサイズが違うために、最終減速比は208が3.098に対してSUV2008は3.537となっている。

SUV2008のエンジン回転数は通常のドライブモードで
100km/h巡航 1850rpm
110km/h巡航 2000rpm
ほどだ(メーター読みで。ただし、メーター読みが難しいインターフェースではある)。

208では8速に入らなかった100km/h巡航でもSUV2008は8速で走れた(208は100km/h巡航では8速に入らない。110km/hでようやく8速に入る。100km/h巡航時のエンジン回転数は7速で2200rpmくらいだった)。

いつもの都内〜城ヶ島までのドライブで燃費は15.6km/ℓだった。

そのおかげもあって、燃費もなかなか優秀だった。156km走って平均15.6km/ℓ(平均時速46km/hだから高速道路が主体)。208 GT Lineは400kmほど走って(高速、郊外路、市街地)14.0km/ℓだった。
モード燃費は
SUV2008
燃費:WLTCモード 17.1km/ℓ
 市街地モード12.5km/ℓ
 郊外モード:17.2km/ℓ
 高速道路:20.2km/ℓ
208
燃費:WLTCモード 17.0km/ℓ
 市街地モード13.0km/ℓ
 郊外モード:17.3km/ℓ
 高速道路:19.3km/ℓ
なので、ほぼ同じ。高速道路モードではSUV2008の方がいい。

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ