Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. インプレッサスポーツ

トヨタ・ブレイドは280psのV6エンジン搭載?スバル・インプレッサも250ps!70万円で狙える走りが楽しいCセグメントハッチバック【モーターファンおすすめ中古車】

このエントリーをはてなブックマークに追加

初代BMW1シリーズ FRならではの走りの安定感が魅力

2004年10月発売当時の価格は288〜366.5万円。2.0ℓモデルのエントリーグレードは324.5万円だった。写真は前期型。

BMW1シリーズは、BMW初のコンパクトカーとして2004年に日本でデビューした。現行モデル(3代目)はFFになったが、初代と2代目はFRを採用し、ロング・ホイールベースとフロントのショートオーバーハング、伝統的なCピラーの曲線形状を採用した低めのルーフ・ライン、そしてキドニー・グリルと4灯式ヘッドライトを備えた特徴的なフロント・エンドによって、他の多くのハッチバックモデルとは一線を画したスポーティなデザインが特徴だ。

走りは、FRを採用しているため、きわめて急なコーナーでもFF車にありがちなトルク・ステアを感じさせることなく後輪でエンジン出力を舗装路に伝達し、常に最適なトラクションを発揮する。また前後アクスル間で理想的な荷重配分も実現する。FFベースのハッチバックにはないFRならではのメリットだ。

パワートレーンは、1.6ℓと2.0ℓの直4、3.0ℓ直6エンジンを設定。いずれもNAエンジンだ。バランスが良いのは2.0ℓモデル。2.0ℓは、118iと120iの2種類あるが、150psを発揮する120iの方が余裕のある走りが楽しめる。また、NAならではの吹け上がる気持ちよさも味わえる。

平均中古価格は約39万円。
たとえば後期型の120iでも「1シリーズ 120i 2009年式、走行3万3000kmで車両本体価格38万円」というような中古車がある。
FRならではの安定した走りを求めるなら初代1シリーズがおすすめだ。

BMW1シリーズ | これがオーナーの本音レビュー !「燃費は?長所は?短所は?」<モーターファン会員アンケート>

BMW1シリーズは、BMWのエントリーを担うコンパクトカーである。初代ー2代目はコンパクトカーで唯一FRレイアウトをとっていた...

あわせて読みたい

詳細スペック:120i

全長×全幅×全高(㎜)=4240×1750×1430
ホイールベース(㎜)=2660
エンジン:2.0ℓ 直列4気筒DOHC
駆動:FR
最高出力:150ps(110kW)/6200rpm
最大トルク:20.4kgm(200Nm)/3600rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:6AT
車重(kg):1370
新車価格:366万5000円
※2004年発売当時のスペック

2代目マツダ・アクセラ スポーツ マツダ車らしい爽快な走りを楽しめる

2009年6月発売当時の価格は166〜214万円。2.0ℓモデルのエントリーグレードは189万円だった。写真は前期型。

マツダ・アクセラは、2003年に初代が登場したマツダのCセグメントモデルだ。現在はMAZDA3として4代目が販売されている。今回紹介する2代目は、特に流れるようなエクステリアデザインが特徴で、初代が確立したマツダらしい「ダイナミックでスポーティ」なスタイリングを継承しながら、「エクスプレッシブ」を大胆に表現し、よりエモーショナルなデザインが実現されている。セダンもあるが、デザインのまとまりはハッチバックの方が優れている。インテリアもシンプルながら、ドライバーを包み込むようにレイアウトされたコックピットデザインにより、心地よいタイト感を実現している。

標準モデルのパワートレーンは、1.5ℓと2.0ℓのNAエンジン2種類がラインアップされた。走りの余裕と爽快感を得られるのは、2.0ℓモデル。特にハンドリングが正確でステアリングは軽いながらもしっかり手応えがあるため、路面の状況を感じられる。また1.5ℓのトランスミッションがCVTなのに対し、2.0ℓはトルコン5ATを採用することで、普段は滑らかに、スポーツ走行を楽しみたいときは自由な変速も可能だ。

平均中古価格は約48万円。
たとえば「アクセラスポーツ 2.0 20C 2009年式、走行3万4000kmで車両本体価格48万円」というようながある。
美しいデザインと爽快な走りを求める人におすすめの一台だ。

マツダ・アクセラ | これがオーナーの本音レビュー !「燃費は? 長所は? 短所は? <モーターファン会員アンケート>

2019年に終了した『アクセラ』は2003年からマツダの世界戦略を担ってきた中核車種だが、実は海外では初代からずっと『MAZDA3...

あわせて読みたい

詳細スペック:20S

全長×全幅×全高(㎜)=4490×1755×1465
ホイールベース(㎜)=2640
エンジン:2.0ℓ 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
駆動:FF
最高出力:150ps(110kW)/6200rpm
最大トルク:9.0kgm(186Nm)/4500rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
トランスミッション:5AT
車重(kg):1340
新車価格:214万円
※2009年発売当時のスペック

今回は70万円で狙える走りが楽しいCセグメントハッチバックを紹介した。国産車から、輸入車までどれも運転が楽しい良いクルマだ。ぜひ、この5車種をショッピングリストに載せて検討してみてはいかがだろうか?

昔憧れたあのモデルも狙える⁈ 200万円以内で買えるおすすめスポーツカー5選【モーターファンおすすめ中古車】

スポーツカーはどんな時もクルマ好きの憧れだ。子どもの頃にいつか乗りたいと誓ったクルマ、テレビで見てかっこいいと思った...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ